小やど湯めぐり|天望苑の小やど湯めぐり

城崎温泉の宿泊は旅館 天望苑

小やど湯めぐり
外湯(七湯)めぐり
城崎温泉外湯はチェックイン後15時から21時30分まで当館の車でサービス送迎をしております。 ご宿泊の方には無料入浴券で城崎7つの外湯めぐりがお楽しみいただけます。
MAP

まんだら湯 【城崎温泉 まんだら湯】
温泉寺開祖道智上人の曼陀羅一千日祈願によって湧き出たのが由来です。入口は唐破風、山すその緑に包まれて清楚な趣をもっており、一生一願の湯とされている。
地蔵湯 【城崎温泉 地蔵湯】
この湯の泉源から地蔵尊が出たというのが名前の由来です。庭内に地蔵尊がまつられ、外観は和風とうろう、六角形の広い窓は玄武洞をイメージした外湯中で一番モダンな建物です。衆生救いの湯とされています。
さとの湯 【城崎温泉 さとの湯】 
1400年前から湧き出る城崎の温泉らしさに現代性をプラスして誕生したのがこのさとの湯です。円山川や自然を眺めながらの露天風呂やハーブの香りや滝の音が作り上げる不思議な空間。いろいろと楽しめまる温泉です。
一の湯 【城崎温泉 一の湯】 
江戸中期温泉医学の創始者後藤艮山の高弟香川修徳が「天下一」と称したことから名づけられて湯です。桃山方式の歌舞伎座を思わせる建物で名実共に城崎温泉の象徴となっています。開運招福の湯とされています。
鴻の湯 【城崎温泉 鴻の湯】 
この城崎の地でコウノトリが足の傷をいやしたことから発見されたという由来から名づけられました。山の湯風をとり入れた素朴な様式の建築で町の奥深く街路から離れた閑静な湯で、散策をかねた入浴に適しています。しあわせを招く湯とされています。
柳湯 【城崎温泉 柳湯】 
中国の名勝西湖から移植した柳の木の下から湧き出たという由来から名づけられました。以前はこの裏側にあり、外傷やはれものに著効があったといわれています。子授けの湯とされています。
御所の湯 【城崎温泉 御所の湯】 
歴史物語「増鏡」に文永四年(1267年)後堀河天皇の御姉安嘉門院が入湯されたことに由来する御所の湯。美人の湯とされています。京都御所を彷佛とさせる現在の建物は平成17年7月に新築移転しました。